U-NEXTで見放題

義母と娘のブルース、結婚契約って?ロケ地、裏話、視聴率などは?

義理と娘のブルース
서윤(ソユン)
서윤(ソユン)
作品名」を観たので記事にします!
他では聞けない裏話や気になる現地での視聴率についても調べてみました★
この記事の内容
  1. 作品を全編観られるサービスは?
  2. あらすじ・作品のみどころ
  3. キャストや主題歌、挿入歌
  4. 作品の正直な感想/レビュー
  5. 現地・韓国での視聴率
  6. 作品のロケ地や裏話
韓流動画をフルで無料視聴できるサイト

【義母と娘のブルース】の動画をフルで視聴できるおすすめの無料サイト

「韓流作品が見放題!」ということで動画視聴サービス(VOD)「U-NEXT」が話題になってます。

結論からお伝えすると、「義母と娘のブルース」はU-NEXTで見放題です!

今だけ限定で31日間無料で見放題サービスを無制限に使えるので登録して観ちゃいましょう!

U-NEXTの無料トライアルで作品を観る

【義母と娘のブルースのあらすじ】

主人公の岩木亜紀子は、これまで、仕事一筋でやってきた凄腕のOLでした。
しかし、ある日、自分には、仕事以外で、たわいもないことを話せる人がいない孤独に気付きます。
「子供や家族が欲しい」と思うようになる亜紀子。
そんな中、ライバル会社の社員 宮本良一 と出会います。
彼は、命に関わる病気を患っており、余命宣告されていました。
良一は、すでに妻を病気で亡くしていて、自分が死んでしまった後、一人娘のみゆきが天涯孤独になってしまうことを心配し、案じていました。
ある日、良一は、亜紀子に突然、プロポーズします。
家族が欲しい亜紀子と、子供であるみゆきを託したい良一は、利害関係が一致し、 契約結婚します。
最初は、ぎこちない関係の亜紀子とみゆき。
しかし、二人は、何気ない日々を一緒に過ごすうちに、深い愛情で結ばれていくのでした。

【義母と娘のブルースの見どころ】

義母と娘のブルースの見どころは、やはり、主人公を演じる綾瀬はるかさんが初の母親役ということで、どんな母親役を見せてくれるかです。
主人公の亜紀子は、これまで、家族とは縁の薄い生活をしてきており、独身のキャリアウーマンという役ですので、もちろん、母親になるのは、初めてです。
そんな亜紀子に、初めは、当然、拒絶反応を見せるみゆき。
出会った時に、いきなり、自分の名刺を差し出して、自己紹介する亜紀子に、みゆきは、ためらいを隠せません。
しかし、そんなぎこちない二人の関係も、10年という時を経て、次第に、深い愛情と絆で結ばれるようになります。
これまで、独身で、結婚すら初めての亜紀子がみゆきに対し、どんな態度をとるのか?
どんな母親になるのか?
そして、どんな過程を経て、亜紀子とみゆきが深い愛情で結ばれていくのか?がこのドラマの一番の見どころです。
ドラマは、何気ない義母と娘の日常を描く、とても感動的なストーリーに仕上がっています。 また、このドラマは、2部構成になっており、1話から5話までは、亜紀子の夫、良一が登場。
6話から10話までは、亜紀子が勤めるパン屋の店長、麦田が登場します。
主人公の相手役が前半と後半で変わる2部構成に、注目です。
無料トライアルで作品をチェック!

【義母と娘のブルースのキャスト】

岩木亜希子 役ー綾瀬はるか
宮本良一役ー竹野内豊
麦田章役ー佐藤健
宮本みゆき (高校生)役ー上白石萌歌
宮本みゆき(子供時代)役ー横溝菜帆
下山和子役ー麻生祐未
田口朝正役ー浅利陽介
笠原廣之進役ー浅野和之

【義母と娘のブルース主題歌・挿入歌は?】

義母と娘のブルースの主題歌は、MISIA さん×GreeeeNの初コラボレーションの楽曲、「アイノカタチfeat.HIDE」です。
この楽曲は、作詞作曲をGReeeeNが担当し、HIDEがコーラスとして、参加しています。
2018年8月22日、シングル曲として、リリースされました。
「あのね、大好きだよ」と語りかけるような歌詞がとても感動的で、壮大な楽曲です。

【義母と娘のブルースは何話まで?】

義母と娘のブルースは、2018年7月10日放送開始で、全10話までありました。
最終話は、9月18日に放送されています。

【義母と娘のブルースを見た感想・面白さ】

義母と娘のブルースを初めて見た時は、綾瀬はるかさんのロボットのようなしゃべり方に、少し、違和感を感じました。
また、綾瀬はるかさんの今まで演じてきた役とは、全く違う演技に、びっくりもしました。
しかし、物語が進むにつれて、何事にも、一生懸命、取り組み、懸命にみゆきの母親になろうとする姿に、胸を打たれるようになりました。
最初は、契約結婚だった良一との間にも、何か、温かい愛情や絆のようなものが生まれてきて、見ていると、なんか、心がじんわり暖かくなり、感動する、そんな物語だと感じました。
ちょっと天然な亜紀子のキャラクター が面白かったです。

【義母と娘のブルースの視聴率は?】

義母と娘のブルースの視聴率は、初回が 11.5%など、常に二桁台を記録。
最終回は、なんと、19.2%を記録しました。
この視聴率は、2018年の夏ドラマの中で、トップです。

【義母と娘のブルースのロケ地はどこ?】

義母と娘のブルースのロケ地は、主な舞台が東京都大田区の大岡山駅北口商店街です。
この場所は、主人公や、主人公に関わる人たちが住む街の舞台となっていました。
その他のロケ地は、「大岡山運送の事務所」や、世田谷区の「深沢パークハウス」、東京駅そばの 「JPタワー」、神奈川県の「上府中公園」などがありました。

【義母と娘のブルースの裏話を紹介!】 

このドラマの原作に合うイメージの舞台を見つけるため、なんと、1か月半もの間、ロケ地を探したそうです。
物語の舞台が大岡山になった決め手は、第6話以降で、メインとなる「ベーカリー麦田」のイメージに合う建物が大岡山で見つかったからとのこと。  
スタッフの方を含め、ロケ地探しが、かなり大変だったようです。
韓流ドラマ940作品を観られるU-NEXT

\韓流ドラマのフル動画を無料視聴/
韓流ドラマのフル動画を無料視聴

U-NEXTなら人気の韓流ドラマから昔懐かしの作品が無料でフルの動画を視聴できます。

解約もワンクリックで簡単にできるので、無料視聴できるキャンペーン中に試してみましょう。

31日間無料トライアル